【なぞなぞコーナー】解答編!
以前出題したSugipe作なぞなぞの解答です!
まずは改めて問題をどうぞ!

【問題】
読書好きのAさんは街の図書館へ行きました。
そこでは昭和初期の文豪「芥川すぎっぺの助」が特集されていました。
この作家は幻の作家と言われていて、生涯でたった3つの作品しか残していません。
その日図書館には処女作である「我輩は我輩なのだ」、2作目の超大作「賀正門」上下巻、 
そして遺作の「人間合格」があったのでそれらを全て借りてきました。
しかしこれだけでは、彼の作品を全て読んだことにはならないと言います。
さて、何故でしょう?

続いて解答です!

【解答】
2作目の超大作「賀正門」は上、中、下巻から成るのだが、
その日はたまたま中巻だけ借りられていて、図書館に無かったのだ。
そのため、中巻を読まない限り全てを読んだことにはならない。


さて、正解された方いらっしゃいましたでしょうか?
見事正解された方おめでとうございます!!
Posted : 2020.05.29
1  | 2  >


上記QRコードより
携帯サイトをご覧になれます。